松戸市で紫陽花の名所といえば本土寺が最高です

お役立ち情報

梅雨の時期の楽しみといえば
紫陽花(あじさい )』ですよね。

千葉県松戸市』に
紫陽花の名所として有名な
本土寺』というお寺があります。

本土寺には
どのような魅力があるのか
お伝えします。


1:本土寺について

紫陽花の時期の本土寺

本土寺の住所は
千葉県松戸市平賀63』です。

なぜいきなり
住所の話をしたかと言うと

この本土寺
元々は『平賀忠晴』の
屋敷跡と伝えられてるのです。

だからでしょうか?
この辺一帯の住所は
平賀』や『殿平賀』と言います。


1-1:本土寺への交通手段

本土寺まで電車で行く場合は
JR常磐線各駅停車』に乗り
北小金駅』下車です。
徒歩15分位でしょうか?

参道周辺に
時間貸しの有料駐車場もありますが

混雑時期は
車では身動きできなくなるので
車は控えた方がいいでしょう。

北小金駅

1-2:本土寺入館案内

本土寺の入館案内を
載せておきますね。

・開門時間
 8:00~17:00(最終受付は16:30)
 年中無休

・拝観料
 大人500円
 子供(小学生まで)無料
 障害者手帳の提示にて300円(同行1名まで同額)
団体(20名以上)400円

引用元:本土寺ホームページ
入館案内



2:本土寺の紫陽花

紫陽花寺』の異名をとる
本土寺』ですが

10種類以上の紫陽花があり
その数は5万本以上だそうです。


2-1:見事な紫陽花

入館料を払い
庭園へと歩みを進めます。

六月上旬には
花菖蒲(はなしょうぶ)』が五千本

六月下旬に向けて
十種類以上の『紫陽花
その数は五万本以上だそうです。

以下は紫陽花の画像と
本土寺を散策した時の動画です。

2-2:写真撮影のルール

写真を撮る場合は
ちょっと注意が必要です。

三脚を使用した撮影は
禁止されていますが
一脚なら可だそうです。


3:本土寺の楽しみは紫陽花だけではない

本土寺には紫陽花以外にも
桜や紅葉の名所にもなっています。

参道の土産物店では
饅頭(まんじゅう)や漬物など
味覚も楽しませてくれます。


3-1:本土寺の参道の楽しみ方

本土寺参道

参道沿いには
土産物店などが軒を連ねます。

私のお薦めは漬け物です。
カボチャの漬け物』って
見たことありますか?

あの固いカボチャが
柔らかくコリコリした食感になって
とても美味しかったです。

きゅうりの一本漬け』を
丸ごとかじりながら
参道を歩くのも粋ですね。

3-2:本土寺のその他の見頃

紅葉が見頃の時期
(11月下旬~12月上旬)には
土曜休日の18:00~20:00に
ライトアップを実施しています。

お花見の時期
(三月下旬から四月上旬にかけて)

  • 枝垂れ桜(しだれざくら)
  • ソメイヨシノ
  • 八重桜(やえざくら)

など、合わせて百本程が見頃を迎えます。

年間を通して
目を楽しませてくれる
本土寺ですが

雪化粧の本土寺も
また格別だそうです。

桜の時期の本土寺
雪の時期の本土寺




4:まとめ

紫陽花で有名な
本土寺の魅力は
理解していただけたでしょうか?

漬け物などを食べながら
参道を歩くのも
楽しみですね。

本土寺は
紫陽花だけでなく

桜や紅葉の時期
そして、雪景色まで
楽しめるんですね。

夜間のライトアップも
幻想的で素敵なんでしょうね。

本土寺の紫陽花を堪能すれば
梅雨の鬱陶しさも払拭できるでしょう。

本土寺の由来に想いを馳せ
漬け物にかぶりつきながら
紫陽花を眺める

日本人で良かった
と思える瞬間です。


サイトマップ

当ブログの記事が一覧になっています。
どうぞご活用ください。



最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました