禁煙するために知っておきたいメリット11

お役立ち情報

1:禁煙のメリット11

僕はタバコを吸うことにも
メリットがある
と考えてきました。

しかし、やめてみると
一つもメリットがなかったことに
気がつきます。

では、禁煙して得られるメリットを
見ていきましょう。


1-1:貯金できる


50年間、タバコを吸い続けると
800万円以上ものお金が出ていきます。


1-2:肌がキレイになる


タバコを止めることで

  • 酸素が回るようになる
  • ビタミンCが大量に消費されない
  • 活性酸素の発生を抑えられる
  • 血行が良くなり新陳代謝が活発になる

このようなことから
綺麗な肌を取り戻すことができます。


1-3:子供や赤ちゃんへの不安がなくなる


タバコが及ぼす害として

  • 早産・流産・死産
  • 常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)
  • 低体重出生児
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)
  • 赤ちゃんのニコチン中毒
  • 煙草の誤飲
  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)

などがありますが
これらのリスクが解消できます。


1-4:モテるようになる


タバコを吸っているだけで
恋愛の対象外になってしまう時代です。
健康で清潔感をアピールできます。


1-5:タバコの臭いを気にしなくていい

タバコ臭いだけで
嫌がる人もいますよね。

タバコをやめれば
消臭に気を使う必要もなくなります。


1-6:歯茎のリスクが解消される


タバコが歯茎に与える悪影響は

  • 血流が悪くなり歯が抜けやすくなる
  • 歯茎が再生する力が失っていく
  • 歯周病になりやすい
  • 舌や歯茎などに出来る口腔ガンのリスクが上がる

などですが
禁煙するとこれらのリスクが解消できます。


1-7:部屋がキレイになる

ヤニが壁にこびりついたり
灰で汚れたりしないので
部屋が綺麗になります。

賃貸で引っ越す場合でも
高い清掃料を取られずに済みます。


1-8:家族の病気への心配が減る


つまり、受動喫煙のリスクですね。
家族が不必要に健康を害する可能性が
無くなります。


1-9:ご飯が美味しくなる


タバコは味覚を麻痺させるようですが
やめれば味覚も正常に戻り
ご飯が美味しく感じられます。


1-10:収入が増える

アメリカの調査結果ですが
喫煙者は非喫煙者に比べ
平均収入が17.5%低いそうです。

喫煙者は
学歴も低く、結婚率も低いことが
関係しているそうです。

タバコを吸うだけで
雇用者に対していい印象は与えません。

ちなみに
禁煙に成功した人の方が
最初から吸わない人に比べて
収入は多くなるそうです。

辛いことでも継続して頑張れる人は
ビジネスの分野でも
成功しやすいのですね。


1-11:自分に自信がつく

ほとんどの人が失敗してることに
成功した時の快感は
言い表せません。

北島康介が金メダルを取った時
スッゲー気持ちいい!!
と叫んだのを覚えているでしょうか?

あなたにも
この快感を味わってもらいたいです。

一度、自信がつけば
他のことも絶対にできる
と自信を持つことができます。

以上、禁煙するメリット11個でした。
お金』『健康』『お肌』『収入』『
全てがプラスに働きます。

是非、あなたも
これらすべてのメリットを享受して
素晴らしい人生を楽しんでください。


2:喫煙による損失

タバコそのものの金額も
損失ですが

喫煙するだけで
失っているものもあります。

タバコを吸うことによる
損失とは
一体どんなことでしょうか?


2-1:医療費・保険代

タバコを吸っていると

  • がん
  • 心筋梗塞
  • 脳卒中
  • 肺気腫

など病気のリスクが高まるので
医療費』にお金がかかる可能性が高いです。

また、『生命保険』でも
タバコを吸う人は
高くなるそうですよ。

タバコを吸う喫煙者だと通常の保険料で、非喫煙者の場合はより安い保険料になるのです。

引用元:生命保険でタバコを吸わない「非喫煙者」の基準



2-2:失業

現在では
社外でも喫煙を
禁止する会社があるそうです。

喫煙所がない職場もありますし
喫煙者に対する風当たりは
益々強くなることでしょう。

転職する場合でも
喫煙してるだけで不利になります。

タバコを吸うだけで
失業する可能性が高いのです。


2-3:目に見えない損失

喫煙』による
目に見えない損失って何?
と、思われるでしょうか。

金額に現すことはできませんが

  • タバコ1本吸うのに5分間の損失ですよね
  • 外出先で灰皿を探し回る手間もかかります
  • タバコを買いに行く手間もかかります
  • 出がけに携帯灰皿を忘れて取りに戻ったり
  • ヤニで部屋が汚れたり
  • タバコの火で服に穴が空いたり

金額にできない損失が
山のようにあるのです。

金銭的なことばかりに目が行きますが
それ以上の損失も発生しているのです。


3:『喫煙』宣言

僕は我慢するのが
大っ嫌いです。

当然、タバコを吸わないで
我慢するなんて
真っ平御免でした。

たっぷり煙を吸いこみ
ゆっくりと肺に染み渡らせ
満足感とともに煙を吐き出す。

見るからに美味そうに吸うね
タバコ仲間も感心するほど
僕はタバコが大好きでした。

禁煙ほど馬鹿らしいことはない
禁煙なんて無理なことは止めておけ
僕は禁煙なんて絶対にしないぞ
そう宣言していたのです。


3-1:失敗続きの禁煙

そんな僕でも
幾度か禁煙に挑戦したことがあります。

禁煙をしていた期間は
最長で『24時間』でした。

24時間が限界でした。
頭がボーッとして
気分が悪くなるのです。

これでは
仕事も日常生活にも支障がある
だから、タバコを吸うしかない

禁煙に失敗する度に
喫煙』宣言をするのでした。


3-2:喫煙は豊かさの象徴?

タバコを吸うことで得られる

  • リラックス
  • 開放感
  • 落ち着き
  • 満足感

これらを得るためなら
相当の対価を払う価値はある
と考えていました。

マフィアのボスが
葉巻を燻(くゆ)らす様は
まさに豊かさの象徴です。

タバコを吸えるだけの
経済的豊かさがあるのだ
と考えれば

一箱1000円になろうとも
吸い続ける覚悟でした。

僕にとってタバコは
豊かさの象徴でもあったのです。


3-3:死の直前にはタバコが吸いたい

僕が死の床に伏した時
周りで見守る家族に

タバコを一本くれ
と頼んでる様子が想像されるのです。

死ぬ間際には
上手いタバコを吸って
最後の息を引き取りたい
そう考えていました。

この思いは
禁煙に成功した今でも考えます。

死ぬ間際には
ニコチンが
全身を駆け巡る感覚を味わいたい
と思いますね。

だから
禁煙に成功した今でも
気を許すことはできないのです。

少しでも油断すると
タバコを吸ってしまいそうです。

若い頃、タバコを吸ったツケは
払い続けなければならないのでしょう。


4:禁煙を決断

喫煙』宣言をするほどの僕が
禁煙』を決断したのには
理由があります。

  • 健康
  • お金
  • 時代の変化

理由を挙げれば
いくらでもありますが

僕にどのような変化があったのか
詳しく見ていきましょう。


4-1:減量の成功体験、次は…

僕は昔から
甘いものが大好きです。

両親も甘い物好きで
子供の頃から
ケーキやチョコレート
甘いジュースに囲まれていました。

若い頃は
基礎代謝も高く
全く太らなかったのですが

社会人になってから
ぶくぶく太りだしました。

40歳を過ぎた頃
社内検診で
血糖値が高いことで再検査を命じられ

内科を受診したところ
糖尿病と診断されました。

管理栄養士の指導のもと
食事と運動に気を使い
1年間で10キロの減量に
成功したのです。

血糖値も劇的に下がり
糖尿病も回復し
血糖値を下げる薬も
飲む必要がなくなりました。

糖尿病になったら
二度と治らない
というのが通説なので

医者も管理栄養士も
驚いていましたね。

このことで
僕は大きな自信を手に入れました。

欲が出てきて
次は禁煙だな
と、思うようになったのです。


4-2:禁煙する理由

禁煙するには
明確な理由が必要です。

ありきたりな理由では
禁煙を成功させるのは難しいのです。

よくあげられる理由は

  • 健康
  • 他人への迷惑
  • 金銭的な損失

だと思いますが

よく考えてください。
喫煙者は分かっているのです。

  • 健康に悪いのは分かってるが、今はどこも悪くない
  • 煙を嫌がる人もいるが、見て見ぬ振り
  • 無駄なお金がかかるが、困ってはいない

デメリットがあることを理解しつつ
デメリットを上回るメリットがある
と思ってタバコを吸い続けているのです。

だから

  • 肺がんのリスクとか
  • 他人が嫌がるとか
  • お金をドブに捨てているとか

ありきたりなことを言っても
禁煙には繋がりません。

以上のようなことを理由に
禁煙をしたとしても
失敗するのは目に見えてます。

あなただけの
禁煙する理由が必要なのです。

結婚し子供が生まれたのを機に
禁煙した
という話を聞くことは多いですが

是非、あなただけの
禁煙する理由を探してください。

僕の場合は

  • 悪い習慣を断ちたかった
  • 何者にも依存したくなかった

つまり、自分を変えたかった
という理由でした。

あなたが禁煙する理由は
何ですか?


4-3:禁煙外来受診

僕は自分の意思だけで
禁煙するのは無理だ
ということが分かりました。

なので
禁煙に何度も何度も失敗している人は
別の手段を探すことをお勧めします。

僕は内科の『禁煙外来』を
受診することにしました。

ニコチン依存症は病気であるということが認識されるようになり、2006年4月から、一定の条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。

引用元:すぐ禁煙.jp(ファイザー)

禁煙外来では
チャンピックス』という薬が
処方されます。

この薬は
脳の『ニコチン受容体』と結合し
ニコチンと同じような快楽が得られます。

タバコを吸って
後からニコチンが入ってきても
受容体を塞(ふさ)いでいるので

タバコを美味しいと
感じなくなるそうです。

僕は
チャンピックス』のおかげで
禁煙に成功することができました。

僕のタバコ仲間では
せっかく禁煙外来を受診したのに
チャンピックス』を捨てて
タバコを吸い始めた人もいますけどね。

このことからも
本気でタバコをやめよう
という『明確な理由』が必要だ
と理解できると思います。

禁煙するために
禁煙外来を利用するのなら
気になるのは治療費ですよね?

健康保険が適用され
三ヶ月の治療になります。
詳しくは以下をご覧ください。

自己負担が3割の人は、使用する薬にもよりますが、約3ヶ月の治療スケジュールで、1万3,000円~2万円程度です。

引用元:禁煙外来っていくらかかる? – すぐ禁煙.jp(ファイザー)

禁煙が成功すれば
この程度の治療費は
安いものですよね。

自分の意思だけで禁煙できる人は
稀だと思います。
是非、他人の力を借りて
禁煙を成功させてください。


5:禁煙できない主な理由

禁煙できない理由は
大きく分けて2つあります。

一つは『ニコチン依存症
もう一つは『習慣化』です。

ニコチン依存症』は
分かりますよね?

そう、ニコチンが脳内で
快楽物質として働くので
やめられなくなってしまうのです。

そして、タバコを吸うのが
習慣となり
ついつい吸ってしまうのが
習慣化』です。

ニコチン依存症』と『習慣化』を
詳しく見ていきましょう。


5-1:ニコチン依存症

ニコチン』が脳内に行き渡ると
快楽を感じる化学物質
ドーパミン』が放出されます。

このドーパミンにより
落ち着く』や『ホッとする
と感じることができますが

ニコチンが減ってしまうと
落ち着かない』や『イライラする
といった不快感を感じます。

だから、「また吸いたい
と吸うことを繰り返すうちに
ニコチン依存症になっていくのです。


5-2:習慣化

タバコが吸いたくなるのって
だいたい同じような
タイミングじゃないですか?

  • 朝起きてすぐ 
  • 食後
  • 寝る前

など、合間合間ですよね。

これらは
ニコチンに依存してるからだけではなく
習慣になってるから
吸いたくなってしまうのです。

タバコを吸うと

  • 美味しい
  • 落ち着く
  • 気分が良い

このように
体と頭がタバコを欲するのです。

では、体と頭で覚えている
タバコを止めるにはどうすればいいのか
見ていきましょう。


6:禁煙できないことへの対処法

個人差はありますが
ニコチンが抜けきるのが
3~7日だそうです。

そして、習慣を変えるには
別の習慣に置き換える
という方法が有効です。

では詳しく見ていきましょう。


6-1:ニコチン依存症の解消法

3~7日でニコチンが抜けきった頃に
禁断症状のピークが来るそうです。

ここを乗り切れば
禁断症状は徐々に落ち着いてきます。

  • ガム
  • 飴(あめ)
  • ミンティア

などを活用して
禁断症状を乗り越えます。

これらは数も多くかさばらないのが
1番の利点です。

禁断症状は何度も襲って来るので
吸いたいと思ったら
すぐにこれらを口に放り込みましょう。


6-2:習慣化の改善法

習慣を変えるのって
難しく感じるかもしれませんが

食後にタバコを吸っていたのなら
タバコの代わりに
デザートを食べるとか飴を舐めるとか

今までタバコを吸っていたのを
別のものに置き換えるのです。

これで、タバコを吸う習慣が
無くなります。


7:まとめ

僕がこの記事を書いたのは
禁煙半年目の頃でした。

禁煙外来を受診したばかりの頃は
吸いたい気持ちを紛らわすために
菓子類を食べていました。

しかし、それも一週間ほどで
落ち着いてきて

吸いたい気持ちも
徐々に減ってきたのです。

三年経っても吸いたい気持ちは無くならない
という人もいます。

一方
タバコがないのが当たり前になった
という人もいます。

タバコを吸う夢を見る
という人もいますし

タバコを吸う夢は全く見ない
という人もいます。

タバコへの依存度は
人それぞれなんでしょうね。

吸いたい
という気持ちを抱えながらも
禁煙を続けている人も多いのです。

僕のように
月日が経つとともに
吸いたい」気持ちが
減っていく人もいます。

あなたが、どのタイプなのか
分かりませんし

禁煙するための手段も
様々です。

しかし、禁煙するなら
禁煙しなければならない
明確な理由』を持つことが
一番、重要だと思うのです。

禁煙外来で処方される
チャンピックス』という薬も
万能ではありません。

ダイエットと同じで
それをしなければならない
明確な理由』と『意志の力』が
どうしても必要なのです。

禁煙しよう
と決断できるのは
あなただけです。

明日から』ではなく
今すぐ』決断しましょう。

今すぐ決断できる人だけが
人生を変えることができるのです。

自分を変えることに
真剣に取り組むのって
言葉にできない喜びですよ。


サイトマップ

当ブログの記事が一覧になっています。
どうぞご活用ください。



最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました